HOME   »  
 | 

タブレット推進委員会で登庁…

ここ数日、天候が安定していませんので晴間を見ての通信の配送をしていますが、昨日も雷と雨でしたので…携帯の天気予報で雨雲のウオッチが欠かせない状況です。
そんな中、昨日の夕方の降雨時に湯沢市の三関地区には雹が降ったとの報道…投稿動画では相当の量のように見えました。
それによって国内でも最高級にランクされている三関のさくらんぼにも大きな被害が出たようで…当市とも余り離れていない場所での被害には、他人事とは思えませんでした(増田地域でも若干降ったとの情報もありますが、被害報告は上がっていないようです)
農業は自然との闘いとも言われますが…昨今の異常気象とも思える自然災害の多さに、大きな危機感を覚えます。
今日の午後は、タブレット推進委員会が設定されていますので登庁となります。

様々な事があった週末…

土曜日、お世話になった方の火葬で南部斎場へ…帰りのルートで吉田小の前を通ると、運動会がグラウンドで開催されていました。
多くの関係者の方々がおられたようで、道路の片側にびっしり駐車の列で…雨にもかかわらずその熱気に驚かされました。
そして昨日の大雄小の運動会…少し風は強かったのですがまずまずのコンディションで開催されました。
多くの皆さんの見守る中で、子供たちは伸び伸びと力強く走っていたのが印象的でした。
午後からは、会報の配布をしたのですが、なんと途中で自転車がパンク…何とか家までたどり着いて修理で日が暮れてしまいました(パンクしたまましばらく走ったのでホイールが歪み、直すのに時間がかかってしまいました)
そんな事もあり、夜7時少し前に早目の入浴をしていたところ、緊急指令が…大雄地域内で建物火災との事でしたので、すぐに風呂を飛び出し、頭を乾かす暇もなく現場へ出動しました。
火災現場は旧大雄中のすぐ近く、幸いにして風呂場近辺の一部の消失で済みましたが…実際の現場では、外壁(サイディング)を剥がすのに苦労していました。
昨今の住宅では耐久性のある丈夫な外壁が多くなってきていますので…消防署員の皆さんも、実際の火災現場では相当苦労されているように感じています。
その状況から…建設業者などから実際の建物の構造や解体の方法を学ぶ機会などがあれば、火災現場で活かせるのでは?とも思っています(実施済みであれば余計お世話ですが…)
老爺心からですが、いづれ、この手の作業はその危険度から消防職員の皆さんの作業となる可能性が高いことから…隊員の安全確保から、また、作業効率の向上が被害拡大を防ぐ事に繋がるのでは?と…様々な技術の進歩で、複雑化している建物も増えていますので…ご難儀をかけますが、対応方よろしくお願いできれば、と思っています。

踏み出す一歩…

市の農業政策の一代プロジェクトである農業創生大学が、新たな一歩を踏み出そうとしています。
これは、実際に稼働してきた新町エリアの改修に続き、新たな狐塚エリア(旧大雄中)での事業展開のため、今月下旬から大雄中校舎の一部解体が始まる事で、新規就農者の受入れ体制の充実と、新たな加工施設の整備による6次産業化への取組が期待されています。
この内容からは、結構バラ色の将来に見えなくもないのですが、私の眼にはイバラの道となる可能性の方が高いと感じています。
新規就農者を産み育てる事は重要な目標、そのための施策は当然必要ではありますが、実際に異業種から参入した場合には、耕作する土地を求める必要もあり、その開業資金と併せ相当の資金が必要と予想され、普通の方ではその資金調達が困難と思われる事からも分るとおり…また、加工食品についてもいえる事ですが、商品の売り先をどうするのか、の問題もあり…実際にはクリアーしなければならない課題が山積しているのも事実です。
まずは、補助金を活用し施設整備を…との従来の手法からの事業化では無いと思いたいのですが、詳細な内容がわからない事での不安はつきません(大枠の目指す目標は理解しているつもりですが…)
市農政の一代プロジェクト、じっくりとその内容について話し合う必要性があると感じているのですが…

PFI/PPP制度…

昨日のPFI/PPP制度の講習会、多くの職員と数名の議員(6名程?)の参加で開催されました。
内容的には、導入しようとする自治体側に立った制度説明と感じました。
いずれこの手の手法は、「最小の経費で最大の効果をあげるように」との地方自治法第2条14項に基づいての事でありますので、PFIは民間活力の活用方法とされるPPPの中での一つの制度との説明に…「3セクも程度の差はあれど趣旨は一緒ジャン」と一人ツッコミを入れてしまいました(笑)
私としては、最も大切なのはその事業が、誰のため・何をするのかと言う基本的な理念をしっかりと抑えることで、それによって事業実施には数多くの手法があり、その実施する事業に併せて適切な選択すれば良い事なのかな~と思っています。
特に、誘客・集客施設などは自治体の最も苦手とする分野ですので…まずは、そんな部分からの積極的な活用を図るべきと思います。
さて、今日からいよいよすずきこう通信の配布を始めます。PCのトラブルからGWに入り、当初の計画から20日ほど遅れてのスタートですが6月議会前には終えたいと思っています。
№52-1
№52-2
№52-3
№52-4

原野火災…

今日は経営企画課から「PFIアドバイザー講演会」の案内が届いていますので出席したいと思っています。
過去には国の指導もあり第3セクター方式が活用されてきた経緯がありますが、これが近年ではPPPやPFI方式にとって代わっているような気もしていますので…その活用の詳細について改めて学ばせて頂きたいと思っています。
さて、5月に入ってから原野火災が相次いでいますが、大雄地区内でも5月3日の夕方、畑が燃える事案が発生しました。
何でも、畑に隣接する地域外の方が枯草などを燃した火が延焼したとの事のようでした。
私も消防団ですので、本来は出動しなければなりませんでしたが、その日は田村神社の例大祭で大量のお神酒を頂いてしまっていましたので火災にすら気が付かない…体たらくをしてしまいました(反省!)
昨日は全国的各地でも大きな山林火災が発生し、特に東北の釜石市や栗原町会津坂下町などで大きな被害が出ているようです。
そう言えば34~5年ほど前、岩手県の久慈市に住んでいた頃に山火事が発生し、大きな被害となった事を思い出しました。
火災発生の当日は、昨日と同じ様な強風の日で…当初1ヶ所だった火が強風にあおられ、見ている間に数十メートル程も飛び火する状況で、夜は市内が山火事の火で赤く照らされていました。
数年前、TVドラマのあまちゃんの舞台となった小袖海岸も猛火に包まれ、多くの家屋が焼失していました。
山林火災の場合は、消火するための水利の確保が難しく、自衛隊などのヘリと地上ではコンクリートミキサー車に水を満載し運んでいたのが印象的でしたし、多くの方々が必至の消火活動をされておられましたが、鎮火に至るにはは1週間近くかかったと記憶しています。
今日も乾燥した天気が続いています、火の取り扱いには厳重な注意をしていただきたいと思います。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク