HOME   »  
 | 

ショータイム…

歴史的な一歩とされた昨日の米朝首脳会談、その成果は…会談の中身については知る由もありませんが、メディアの前のお二人を見ていると綿密な事前打ち合わせの上でのショータイムと感じてしまいました。
確かに、老いぼれだとかリトルロケットマンと罵り合っていた二人が握手する事の意味は大きかったとは思いますが、調印文書や声明からはやっとスタートラインに着いたとの印象でしかありません。
これまで裏切りを続けてきた北朝鮮ですので、約束事の履行をしっかりと確認してからの支援にしていくべきと…今回の会議では現実的には何も動いた訳では無く、今後の具体的な協議の場の地ならしをした段階と感じます。
これまでの愚行を繰返さないためにも、しっかりと注視していくべきです。
さて、先日青山議員からもたらされた情報…内容は議会改革度ランキングで横手市議会の順位が大幅に低下した問題ですが、確かに議会基本条例を制定し、様々な部分の改革に取組んできましたが、ここしばらくは新しい取組にチャレンジしていなかったと…立ち止まった事でこれだけの大幅な順位の後退に繋がってしまう事は、衝撃でした。(145位から180程の議会に追い抜かれました)
この調査は早稲田大学マニフェスト研究所が、議会が果たすべき役割として(1)情報共有(本会議などの議事録や動画、政務活動費・視察結果の公開等)(2)住民参加(傍聴のしやすさ、議会報告会などの実施、住民意見の聴取等)(3) 議会機能強化(議会本来の権限・能力を発揮するための機能強化状況等)について各市議会にアンケートを実施し、その結果を数値化し順位づけしたものとなっています。
このランキングが議会改革の全てとは思いませんが、しかし、重要な目安となっているのも事実ですし、そこでの大幅な後退は、とても深刻な問題と受け止めています。
早急に改善を図っていくべきですが、その中で最も大切なのは、議長のリーダーシップとベテランと言われる重鎮の皆さんの意識改革だと思うのですが…

マジック?…

今日シンガポールで世界が注目する米朝首脳会談が開催されます。
これまで様々なパフォーマンスで注目を集めることに長けたトランプ大統領が、北朝鮮の金正恩委員長を相手にどのようなカードを切るのか…北朝鮮の隣国である我々日本もその行方を注視するべきと思います。
これまでの北朝鮮の様々な行動で、どれだけ被害を被ってきたのか!と振り返ったとき、今回のシンガポールでのちやほやされている金正恩委員長の姿にとても違和感を感じます。
初めての米朝首脳会談に期待する事からとは思いますが、メディアの取り上げ方も異常に感じますし、近隣各国も期待感からか踊らされているようにも感じられてしまいます。
トランプ&正恩と言うプレーヤーのマジックに目を奪われる事無く、基本に忠実に一つ一つ解決のための道筋を見極めるべきと思っています。
北朝鮮に対し、これまで繰り返してき愚行(支援だけもらって果たさない約束)の繰返しにならない事を祈りつつ、冷静な目で見守りたいと…それにしても、この両国代表は今のところは千両役者と感じていますが、その実像には大きな興味を覚えています。
今日は一般質問2日目、4名の皆さんが登壇されます。議論が深まる事に期待します。

40年ぶりの再会…

週末の若つた会総会、これは横手工業・清陵学院高校のOB会ですが、多くの方々が出席され盛大に開催されました。
総会の前に開催された記念講演、今年は清陵一期の卒業生の胡原おみさんで本名は佐々木菜穂美さん、2013年に作画デビューされ活躍されている漫画家の講演でした。
その講演は、実際にペンで作品を制作しながら質問の受答えを同時にこなす…これまで経験したことの無いスタイルで、とても新鮮に感じました。
何々をしながら…と様々な事を同時並行的に進められる世代(私の子どもと同じ世代)の多様性を見たような気がします。
胡原さんの手掛けた中には、後三年合戦物語を漫画化したものもあり、目にされた方も多いと思います。
今後のさらなるご活躍お祈りいたします。
IMG_1280.jpg

そして、高校卒業以来40年ぶりに村岡氏(横手警察署長)に再会させて頂いたのですが、なんと村岡君は髪が少し白くなった位で当時と同じ体型でした。(私は当時から20㎏程の体重増です(笑))
余り長い時間お話しできませんでしたが…一気に40年前にタイムスリップしたような気がしました。
今日から本会議再開、4名の一般質問となります。

優先したのは…

今日は旧横手工業・清陵高校OB会の若つた会の総会があります。
ここ数年は柴田まさとし県議のゴルフコンペとダブルブッキング、昨年までは会派の塩田議員と播磨議員が柴田県議の後援会幹部ですので、この要請を受けゴルフコンペへの参加でした。
当初は今年もゴルフと思っていたのですが…今年は若つた会に!との強い要請がありました。
これは、横手警察署所長の村岡氏が土木科の同期生でありまして…OB会幹部から所長が出席されるからとの事からの対応となった次第です。
土木科では、加賀谷部長(まちづくり推進部)戸田大雄地域局長も同期で…高校を卒業してから何度か集まったのですが、村岡所長とはお会いできずにいましたので…40年の時を経ての再会となりますので、とても楽しみにしています(私自身、あまり真面目に学校に行かなかったので私の事を覚えてくれているのかが心配です(笑))
過去には高卒の即戦力として人気があった横手工業でしたが、清陵高校は一部総合技術過程はあれど、どちらかと言えば普通高校の分類となっています。
県内の企業、とりわけ自動車関連の集積が進んでいる県南地域…地元企業からの声にも即戦力の要望があるのも事実でありますので…清陵高校の人気を高めるためにも検討する価値があると感じています。
今、県でも当市内の高校の再編が計画されていますが、若者の流出の点からも地域の実態に併せた方向性を打ち出すべきと思うのですが…

その思い伝わっていますか?

今議会の焦点の一つ、市長の減給案について…私は今までこの問題に踏み込んだ考え方を示していませんでした。
その理由は私の権限の範囲を超えているから…市長の減給案は市長自ら感じる責任の大きさを具現化するものであり、その処分内容は自身でしか判断出来ないものと思います。
よって、議員が判断するのは市長の責任に対する思いについてですので…市長の思いが、我々議員にどのように伝わっているのか、今一度振り返る必要があるように感じます。
1月臨時議会で否決された内容が、提案された時期の問題だけだったのであれば理解も出来ますが、それだけで無いとすれば…一度否決された処分案を同じ内容で今議会に再度上程したこの議案、市長の判断力が問われていると感じています。
今日はこの後秋田市へ…家内の元愛車=今の私の車がリコール、3月に通知をもらっていましたが、私の空き時間での予約が出来ずのびのびとなり今日になってしまいました。
修理事態は1時間ちょっとの予定ですが、行ったついでが多すぎて(笑)…
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク