HOME   »  2014報告  »  支援って?難しい…

支援って?難しい…

昨日の産業建設分科会の審議で、除雪に対する県の支援内容について説明がありました。
これは横手市の積雪が同時期と比べると平年の3倍、48豪雪並みとなっていることから除雪車車両17台と排雪用ダンプ51台を斡旋してくれるというものでした。
しかし、詳細をお聞きしてその内容にビックリ!しました。
県の支援内容では、排雪用ダンプについては業者を斡旋するがその借り上げ料は県単価、除雪車の移動については協議中との事でしたが過去の事例内容からはトレーラーでの運送費、オペレーターの宿泊費などのすべての経費は横手市が持つとの予測でしたので…
排雪用ダンプの借り上げも、通常市が借り上げている単価より相当高額となっていますので、これでは財政的には負担が増える構図と…需要と供給のバランスなのでやむを得ない部分があるのは理解していますが…
ん~!です(影響が大きいので単価の詳細は掲載しませんが、驚く程の開きが…)
これが支援?何となく只の斡旋業者…と見えなくもありません(私にはそう感じます!)
本当に困っている状況に寄り添った現実的な支援を望みたいと思うのですが…何の為に県の要請を受け、機能合体で建設部をワンフロアー化したのか…今一度、県としての支援を見直すべきと考えます。
これは、あったか灯油の支給事業にも言えますので…
あったか灯油については、明日改めてUPします。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク