HOME   »  2013報告  »  措置命令を受けての理事会…

措置命令を受けての理事会…

12月10日に消費者庁から措置命令を受けた大雄振興公社(ゆとりおん大雄)の理事会が16日に開催されたとの事です。
その内容に関しての情報の収集をしようと思い担当課である商工労働部に問い合わせのTELをしたところ…「事情があって理事会には出席していないが、市側からは大雄の地域局長が出席した」との内容、いったいどうなっているのか?…
先般、この措置命令が出されることについての説明があった際、商工労働課でも大雄振興公社の内容については十分な把握が出来ていない状況でしたので、産業建設委員会時に改めて説明して頂きましたが、その際「16日の理事会に出席し現状の把握をしてきたい」との事でしたので…なぜ?何が何だかさっぱり解りません!
いったい何があったのか!地域局長も「急に出席要請があったが、まさか自分一人がオブザーバー出席とは知らなかった!」との事でありましたので…
いったいどこが窓口で、どのセクションが係っているのか全く分からない状況です。
一刻も早く体制を立て直して改善をしなければいけないこの時期に、当局は一体何をしようとしているのか…早急な対応を望みます。
今回の措置命令、関係者の方々がどのような受け止め方をしているのかは分かりませんが、私は過去の命令件数からも相当重いもののように感じています。
平成22年度は20件、平成23年度28件、平成24年度37件の措置命令、それも全国でこの件数です。
これに該当したということは、相当悪質と見なされたからの今回の措置命令だということを真摯に受け止めるべきです。
罰則規定が無いから…そんな甘い考えで今回の事を受け止めないで頂きたいと思います。
それにしても…解せない話です。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク