HOME   »  2013報告  »  最終盤の選挙戦!

最終盤の選挙戦!

参院選の選挙期間も今日と明日の2日を残すだけとなりました。
各候補者は大票田の秋田市を中心に最後の訴えをされているようです。
このブログを見られている方々は、政治に関心をお持ちの方々がほとんどと思われますので心配はしていませんが、必ず投票所に足を運んでほしいと…現在の期日前投票は、簡単に手続きできますのでお忙しい方は便利と思います。
さて、朝刊に先の衆議院選挙の違憲問題について、大法廷に回付されたとの記事を目にしました。
これは、一票の格差が各地検で違憲や違憲状態とされている事からのようですが、この事は現在の参院選にも通じる事と思います。
一票の格差については選挙制度を大胆に変えなければいつまでたっても解決不可能な問題と考えています。
もちろん、衆参とも全て比例方式であれば格差は出ないのですが、これではポピリュリズム政治が横行し本当に民意が反映されるのか?、全国の各地域の声が反映されるのか…など様々な問題があり現実的ではありません。
ここは思い切った制度改革をし、例えば衆議院は全て小選挙区制、参議院は全て比例とする…など二院政の機能を活かしながら大胆な改革をしなければならないと思います。
しかし、現在の国会議員が自らの制度を改革することは、大変情けない事ですが出来ない事は明らかですので…思い切って国会の影響を受けない独立性が保たれるような第三者委員会で決着すべき…と思うのですが…併せて、その議論の中には投票率も加えてほしいと思います。
裁判所も一票の格差問題では、国民の権利を重視し判断されていますが、投票することで政治に参加する義務的行為もその判断材料にすべきと思うのですが…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク