HOME   »  2013報告  »  自ら襟を正す…

自ら襟を正す…

全国各地で先般の衆院選に対し、違憲状態との判決が下されています。
中には、選挙が無効との判断もされており深刻な問題となっています。そもそも選挙制度の在り方について…語る立場にはありませんが、これだけ国民から定数削減の声が出され、一票の格差が問題視され司法で違憲と判断されるにあたって今だ明確な道筋を示せていない国会では…「自らの保身が最優先の集団」と思われても仕方ないような気がします。
総論では削減止む無しとの意見も多いように見える国会でも、各論で実際の運用に議論が進むと党利党略、自らの保身が最優先と…何年たっても自ら制度設計が出来ないのならば、思い切って有識者会議等で決定させる必要性を感じます。
実際、私達横手市議会でも定数について議会改革推進特別委員会で最終報告を取りまとめるに当たり、相当苦労しましたが、今回の定数を30名から26名に減ずる報告を示したところですから…
自ら身を切る、国会が国民から軽視されている状況を打破するためには、思い切った施策を早急に提示する…当然の事だと感ずるのですが…

昨日の会議の中身については、明日以降UPします。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク