HOME   »  2012報告  »  野田総理の三重苦!

野田総理の三重苦!

今日はすずきこう通信(会報)の編集で一日中自宅でカンヅメ状態でした。
通常のパターンであれば、6月議会の記事を中心に配布作業に入るのですが、今号は19日の臨時議会の記事を掲載することから今の追い込みとなりました。
今日の頑張り?で、ほぼ編集は終わりそうですので…明日には一次校正をしたいと思います。
さて、混迷を深めている国政、野田総理は三重苦にあえいでいます。
自民・公明との3党合意を優先した消費税増税で、小沢元代表率いる大量の離党者を出し、その後も離党者が相次いでいる中での鳩山元総理のデモ参加など足元が揺らいでいます。
次が原発再稼動問題、総理の最終判断で大飯原発が再稼動しましたが、これに反対するデモの規模がどんどん拡大し17万人もの方々が参加する事態になっております。
最後は米軍のオスプレー配備への反対、配備される普天間基地の沖縄だけにとどまらず、全国に反対の声が広がっており、これも深刻な問題となっています。
この三重苦、私の目には「野田総理の言葉が信用されていない」事が根本にあると思います。
一国の総理の言葉が、国民に受け入れられていない…悲しいことですが、これが現実です。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク