HOME   »  2011報告  »  間に合うのか、明峰中!

間に合うのか、明峰中!

来春開校予定の明峰中学校、校舎工事の遅れが心配されます。
原因は、3.11の東日本大震災の影響による資材調達の遅れで、当初は一月半程の遅れだったとの事でした。
その後、急ピッチの工事により相当遅れを取り戻したようですが…当初の工期からは現状ではかなり厳しいと言わざるをえません(関係者の情報)
私は、秋ごろから工事の進捗状況から間に合わない可能性が高いとの判断でしたので、教育委員会に対し「明峰中の開校時には現在の雄物川中学校を利用し、夏休みの引越しも視野に入れる事も考えておくべきだ。その最終判断の時期は今年中にすべき」と伝えていました。
これは、学校の保護者に対する説明の時間を要することと、使用する雄物川中の準備に時間を要するとの考えからでした。
本来、工事の遅れはあってはならないのですが、今回は大震災後のあの状況でしたのでやむをえないと思います。
突貫工事で、不具合が出るようでは本末転倒だと思うのですが…判断をする時期はリミットをむかえています。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク