HOME   »  2011報告  »  空き家条例!

空き家条例!

先日の委員会で問題となった空き家条例の内容についてUPします。
この条例は、市内各地域で増えている空き家が周辺の市民生活に危険を及ぼさないようにとの目的で制定されようとしているものです。
昨冬の豪雪では十文字地区で空き家の倒壊があり、交通への支障と隣家への被害防止のため解体したことを受けて持ち主の方に適正な管理をして頂こうとすることが主目的とされています。
議会側からは、この条文では強制力が無いのではないのか?や適正な管理をしない場合は行政代執行をすることを条文に入れるべきとの意見もありました(大仙市のこの条文には行政代執行が入っているようです)
しかし、この空家には所有者の所有権、財産権があり実際には市が勝手に手を下すことは出来ないのも事実です。
また、所有者が特定できれば適正な管理もお願いできるのですが、相続等で特定できない場合も見受けられるようで…中々悩ましいところもあります。
私としては、地域住民への危険性を考えたとき基本的に想定されるのは市街地の住宅密集地と思われ、倒壊の危険があるのに解体しないとすれば、そのほとんどは金銭的な要因と考えられますので、所有者から譲渡していただき解体などをして、公有地として有効利用する…これが出来れば市税を投入しても市民の理解を得られると思うのですが…人口が減少しているのに世帯数が増えている=世帯分離、が進めば空き家はどんどん増えていきますが、打てる有効な手立ては多くありません。

P.S 今日はこれから旧大雄村の三役と議員のOB会です。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク