HOME   »  2011報告  »  また出てしまいました

また出てしまいました

昨晩2本も記事を書きましたが、消防本部の不手際がまた出てしまいました。
内容は「大曲仙北広域消防本部角館消防署が、6月上旬、急性心筋梗塞の症状を訴えた仙北市の30代男性を市立角館総合病院から秋田市内の病院に転院搬送中、自動体外式除細動器(AED)が作動せず、角館病院に引き返していたことが11日分かった。男性は約2時間後に死亡した」というものでした。
今回の能代の事件をきっかけに判明したものと判断しますが、6月の事が今発表されること事態が異常と思います。
能代の一件がなければ、公開されなかったのでしょうか?こんな事では、市民の信頼を得られないのでは?と思うのですが…
早急に全ての救急車両の点検を実施し、運用マニュアルを再点検すべきです。
緊急時に救急車両は、住民の生命に直接係わることとなりますので… 大変な仕事であることは理解しますが、頑張っていただきたいと思います。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク