HOME   »  2017(最近の記事)  »  備えは常に…

備えは常に…

昨晩の大仙市神宮寺付近を震源とする地震、突然の揺れの大きさに驚きました。
私はちょうど入浴中でしたが、バスタブからお湯が溢れ…時間は短ったのですが縦揺れから直下型と分かりましたので、九州での震災が思い起こされました。
幸い余り大きな規模では無かったようでホッとしたところですが、時間がたってから本震が発生する場合もありますので今しばらく緊張感を保つ必要も感じています。
この横手市でも明治以降に陸羽地震、強首地震など大きな地震が発生し、特に被害の大きかった陸羽地震は震源地付近で震度6~震度7の揺れがあったされ、被害は、死者209人、負傷者779人、家屋全壊5792戸、半壊3045戸、山崩れ9899箇所だったとされています。
これは、横手盆地の東側を走る断層が動く直下型であり、その断層は真昼岳から現横手庁舎前を通って増田方面にまで走っています。
もし、積雪期にこの規模の地震が発生したら…出来得る限りの備えをしておくべきと考え、私も過去にその対策について一般質問をしていました。
自然災害が多発する日本、そこに住む私たちは常にその意識をも持ち続ける必要があると、改めて感じさせる地震でした。
P.S 災害は自然災害だけではありません、その典型的な例が隣国でも…北朝鮮の動向からも目が離せません。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク