HOME   »  2017(最近の記事)  »  忖度…

忖度…

国会では森友学園、加計学園問題と立て続けに開学に至る経緯に対しての疑問が投げかけられています。
端的には安倍首相を追求しようとする野党と、それをかわして首相を擁護しようとする与党の構図ですが…議論が全く茶番にしか感じられません。
ここで出でくるキーワードは忖度(そんたく)=相手の事をおしはかるかる事…これが大問題との取り上げられ方ですが、これが一連の問題をややこしくしていると思われます。
私たちの日常でも、常に相手の事をおしはかりながら生活するのは当たり前であり、相手の気持ちを考えて仕事をするのはスタンダードです。(一例…接客は、お客様の対場に立って…が基本です)
それが、忖度そのものが疑惑のような伝えられ方となっている事が、混乱を招いている原因、森友学園、加計学園問題はその開学に至る経緯の中で、安倍首相が実際に便宜を図ったのかどうか、それによる見返りがあったのかどうかが本質の議論のはずです。
野党の皆さんは、安倍政権一強の突破口に…との思いでしょうが、国でも重要案件が山積していますので…一方の与党も隠ぺいと見える状況は解消するべきと…そろそろ茶番はお止めになった方がいいのでは?と感じます。
いつまでも忖度ばかりで、頭の上からミサイルが降ってくるようなことの無いよう願いたいものです。
P.S ゴールデンウィーク明けから始まったすずきこう通信の配布、今日で大雄地域内が完了となります。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク