HOME   »  2017(最近の記事)  »  北川氏との懇談で感じたこと・そして男鹿ライド…

北川氏との懇談で感じたこと・そして男鹿ライド…

先週の続き、北川氏との懇談では同調できる部分と現実味の薄い部分が混在していました。
まずは地方政府構想…これは国からの依存体質を脱却し、自らの考えで予算執行し地域課題を解決、地域の継続的な発展を目指そうというもの…理想的なお話と感じました。
しかし現実論としては、依存財源が73,5%の当市が自前でこれを稼ぐのは夢のまた夢と感じましたので、その事を質問したのですが「最初からそんな既成概念で見ているからダメなんだ!」と一喝されました。
私自身の発想力が乏しいのかも知れませんが、市民生活の一翼を担っていると考えれば当然責任が発生してきますので、根拠を示せない状態では簡単には踏み込めないと感じたのも事実でした。
また、もう一方の議会改革の部分では、北川氏自身が県会議員、国会議員、知事を経験されている事に基づいてのお話でしたので…説得力は抜群、その洞察力に感心させられました。
その中で最も印象的だったのが「議員はそれぞれの選挙で勝ち上がってくる事から様々な事情を抱えているが、本気で議員活動をしていくには議会が一本にまとまる必要があり、そのためには議長の強いリーダーシップが求められる」との事、現状の横手市議会の一番弱いところを言い当てられましたので、驚きを覚えてしまいました。
本当は、ほとんどの議員が解っていながら目を瞑っていた議会の一本化には程遠い状況を、一発で見抜かれたような気がしたのは私だけではなかったように感じました。
そして、週末の土曜日からは男鹿市へ移動し、昨日の男鹿ライドに参加…10名程の横手楽輪会のユニフォームで参加されていた方々は全員が完走となりました。
その詳細については明日…IMG_0868.jpg
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク