HOME   »  2017(最近の記事)  »  違和感が現実に…

違和感が現実に…

増田庁舎のカフェ撤退…開所式で感じた違和感が、現実となってしまいました。
この増田庁舎のリノベーション事業、国の補助金ありきで事業化が進められたことから、最も利活用をされるべき地域との協議も不十分なまま、また、議会から指摘された事にも事業完了までの時間が無いとの理由で、強引に当局主導で推し進めてきた経緯があります。
また、この事業では当初予定されていないエレベーター設置を突然市長判断で設置する事となったのですが、説明時に外付けとされていたエレベーターを勝手に中央階段付近に付替えての工事と…考えられないような状況での事業となっていました。
そして迎えた開所式で初めてワッフルのお店がテナントとして入っていましたので…その状況を見た時点で実際に複数の方々と飲食をして、違和感を感じたのは私だけではありませんでした。
その違和感は予想される利用者とのミスマッチだったり、商品構成だったり、商品の価格帯だったりと…素人目にも危うさが感じられる状況でしたので、今回の報道に対しては「やっぱりか!」と感じた次第でした。(今後は、議会としてこの責任についても追及していかなければならない事は言うまでもありません!)
それにしても…これまでも様々なメッセージを送り続けてきましたが、この件についてもその対応のにぶさは変わらず…テナント撤退後に議会のタブレットに言い訳にもならないような文章が通知されてくる始末には、あきれ返るばかり…こんな状況が不信感につながっている事を再認識して頂きたいと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク