HOME   »  2011報告  »  鶴ヶ池荘の部分買取

鶴ヶ池荘の部分買取

今日の午前、南庁舎で鈴木副市長、藤井総務企画部長、担当課長・職員と私の所属会派(さきがけ)とで、6月議会上程予定の鶴ヶ池荘の部分買取についての説明と、意見交換を行いました。
山内地区にある鶴ヶ池は、温泉施設と宿泊施設に分かれており、今回市が山内振興公社から買い取るのは宿泊棟部分となっています(土地・建物)
それ以外の市内の温泉施設は全て、市の所有物となっており、鶴ヶ池は建設時の借入金の償還や固定資産税などにより、経営が圧迫されていたのも事実でした。
今回の買収価格は3億5千万円ほどで、これにより今後は指定管理制度で運営される予定です。
しかし、市内の温泉施設は9館もあり、金額の大小はあっても全ての施設が市からの補助によって運営されている事から、早急な見直しが必要と考えます。
この事は、一般質問や様々な機会をとらえ発言してきましたが、今だ大きな見直しが図られていません。
今日の意見交換で、再度この事を追及したところ、市側からは9月議会を目途に見直し案を提示したいとのことでした。
あちらこちらに点在する市営温泉施設、あれば良いのは解りますが、それには多額の市税が投入されています。

P.S ここの処週末は息子の野球応援が続いています。総体まであと3週間、悔いのない練習で本番を迎えてほしいものです。(私も悔いが残らないような応援態勢で臨みます)

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク