HOME   »  2017(最近の記事)  »  議論の本質は…

議論の本質は…

この数日、東京都議会での百条委員会の内容に注目が集まっています。
その追求内容は「なぜ豊洲に決定されたのか、誰が決定したのか、東京ガスから譲渡されたその土地の売買が適正だったのか」などのように見えますが…私としては、そもそも論で恐縮なのですが、この問題の核心は安全性のはずですので「専門家会議が豊洲は安全」との内容から見て当然移転を考えるべきと思います。
地下水の汚染については、東京都周辺で過去に埋め立てされた場所であれば当然汚染されている可能性が高いと思われ…これはどの地域でも最終処分場からは汚染水がでますので、地下水のモニタリング=危険との判断とはなりません。
小池都知事は十二分にこの内容は理解していながら、決断を先延ばしにし恣意的に犯人捜しをしているようで…私の目には、この問題を都議選の政争の具にしているようにしか見えません。
これに乗っかっているマスコミも無責任極まりない、風評被害をあおっている場合じゃありません!もう少し核心を突いた取材をしてほしいものです(;´д`)トホホ
東京も首都とは言っても地方議会です、国会ではありません!…老爺心ですが(笑)、小池さんは二元代表制の中でお仕事をされるべきと思います。
そう言えば、似たような噂話が我市でも?…もう少しハッキリしてから掲載させて頂きます。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク