HOME   »  2017(最近の記事)  »  問題の本質は…

問題の本質は…

東京都の豊洲への築地市場の移転問題で、先日の石原元と知事の会見を見た率直な感想…ん~やっぱりな~と感じてしまいました。
その大きな理由は、個人の資質の問題はあるにせよ、地方自治体のトップの判断基準は、その部下からの提案に対する判断の積み重ねであり、その前提が違っていれば当然、誤った判断結果になってしまう可能性が高いと思われます。
その意味から既定路線と感じたのですが、元知事の本質的な問題点は、そんないい加減な情報を持ち込む組織を放置したままにし、機能する東京都という組織をつくれていなかった監督責任と感じています。
これはどこの自治体のトップにも言える事であり、大変大きな課題であると感じています。
首長自身が目指す街づくりのために組織はあるべきですし、その機能を果たすために変化するのは必然です。
自治体のトップにはそのマネジメント能力も求められています。
P.S 今日の記事解りにくくてすみません。でも、一般質問直前ですので…意図はあります(笑)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク