HOME   »  2017(最近の記事)  »  しょっぱなから…

しょっぱなから…

昨日の大雄消防団の出初式、天気に恵まれた中での開催で…例年であれば寒さから防寒着を羽織っての分列行進となり見栄え的にも余り良くなかったのですが、今年は活動服に半纏で統一され、とても良い雰囲気でした。
しかし終了後の懇親会では一転、団員の処遇などについて相当厳しい意見も頂戴しました。
その中でも最もと思ったのは、半纏の支給…実際私も着用しているものは入団時に支給されたものを二十数年間着用してきましたので、色あせも激しく、破れている所もありますが活動を共にしてきた大切なものですので、愛着と誇りを持って愛用させて頂いていますが、これが、現在の新入団員には支給されていませんので…早急な改善を図る必要を感じています。
その他にも、火災現場で活躍されそうな底に鉄板の入った長くつなどの身の回の装備品などや出動手当などの処遇改善と、相当多くの注文を頂きました。
全てをすぐに!は無理かもしれませんが、まずは出来るところから改善して行くべきと…担い手の確保に苦労している現状からは早急な対処も必要と改めて感じた次第です。
現在、消防団員の事務は消防本部で行われていますが、本部でもこれらの改善を図るべく努力はされているようですが、財政の壁も厚いようで…この問題、予算配分をめぐる部局間だけの話で止めることなく、市長のリーダーシップで改善に取り組むべきと思います。
今日は午後から賀詞交歓会が開催されますが、残念ながら私は不参加と…いつもの日程であれば参加できたのですが、残念ながら毎年恒例の所要があり欠席…合併後初の欠席と(;´д`)トホホ…

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク