HOME   »  2016報告  »  公開!が原則?…

公開!が原則?…

最近、何かと話題になっている東京都議会…これまでは余り注目されていませんでしたが、現在では注目の的となっています。
その理由…キーワードは見える化!=公開、と感じています。
確かに小池百合子都知事が波紋を広げているのは事実ですが、そこに見える化が加わっている事でマスコミ含め多くの都民が興味を示す!手法の一つではありますが…なかなかやるやん!と感じています。
そんな視点で当市を見て見ると、例えば先日の一般質問での答弁「今議会中に協議会を開催し説明したい」…そして開催されたのが全員協議会懇談会、この会は非公開でしかも通例で市の3役は出席しない…これでは、市民に直接公開できる数少ないチャンスを逃したばかりか、隠ぺい体質なのでは?との批判も浴びる事となってしまいます。
これは一例でしたが、この他の案件でも発生しているのも事実で…市長自らが一般質問の答弁で「全員協議会の懇談会でもお話ししましたが…」との内容で答弁されている事からも解る通り、当局ですらその説明が公開されているのか、非公式の場での説明だったのかに悩んでいますので、我々議員はごった煮状態に陥っており、この状況が、混迷に拍車をかけているようにも感じられます。
そして、何よりもこの状況で一番不利益を被るのは市民、ほとんど何も情報がもたらされていない中で突然様々な事が議決され施行されることになりますので…東京都の見える化!に対して、横手市は密室化?もしくは潜る化?
今日も午後から全員協議会懇談会、内容は先日の全員協議会懇談会に3役が出席していなかった事から説明出来ていない方向性をお聞きする内容…当局の都合の悪い話題は、深く・深~く潜る化?に進んでいます。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク