HOME   »  2016(最近の記事)  »  伝えきれていないもどかしさ…

伝えきれていないもどかしさ…

今日は朝から総務文教常任員会の管内視察、来年度より地域交流センターに移行予定の14館の施設を見てきました。
常々横手市は広いとは理解していますが、今日の視察でその広さを再認識する事となりました。
その視察の主な目的は、各館の利用状況や施設の整備状況等々…大変に勉強になりました。
今後に活かしていきたいと思っています。
さて、昨日の委員会で指定管理者導入案の条例が否決となりましたが、この内容が今朝の朝刊に指定管理導入案を否決との内容で掲載されていました。
しかし、その記事からは審査した内容が十分伝わっているのか?との疑問も…確かに紙面割からの制限もあることも想像できますので、やむを得ないことかもしれませんが…当該委員会の委員としては、委員会での内容が伝わり切れていない状況を残念に感じてしまいました。
議論の中心となったのは、指定管理を出す施設が明確でない事、指定管理をしてもらう範囲や内容など…通常であればこの手の条例は出来る規定となっているもので、実際に実施する時点で議決を経なければならない状況から鑑みれば可決と判断されやすいものと思われます。
しかし、今回想定されている施設の中には、これまで芝の管理で紆余曲折、迷走を続けてきた球場の芝管理などが含まれていた事からそこに対しての疑問が上程時から多く出されていました;(関連記事はこちら…)
それに対し、突如委員会の場で「ご心配の声も多く出されているので、この施設は指定管理の時期を先送りし、その間にもう一度管理の内容などを再検討したい」との内容…提出した条例の内容に影響が及ぶ状況では、判断するに至らない!と感じた次第です。
これまでの様々な行政運営のまずさから、多くの議員から市長側との信頼関係は無い!と言われているこの状況で、「まずは議案を通して!内容は後で考えますから…」との説明で、議員側に納得してもらえると思っている感覚には…(ふぅ~)
また、担当となる課は、関連団体の補助金の管理監督に監査委員から厳しい指摘を受け、その対応の真最中の状況下での審査でしたので…まずは、自らの足元をしっかりしてから!と感じたのも事実でした。
そんな内容での否決でしたが…残念ながら地方紙からは伝わらない内容です。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク