HOME   »  2016報告  »  事業スタートの初年度で…

事業スタートの初年度で…

昨日の続き…今年度から本格稼働している統合ごみ処理場クリーンプラザよこての委託費1,492万5千円についての質問でした。
この施設、建設場所や運営を巡っては様々な議論を続け、やっと稼働にこぎ着けたものですが、特徴的だったのは施設のプランニング、施工、維持管理を一体的に行う運営方法で20年間の維持管理費込みで管理運営を任せた施設でした。
その施設の稼働初年度で、いきなり委託費増額の話では…当然疑問に感じた次第でした。
質問内容は、シンプルに増額となった要因についてお聞きしたところガラス・瀬戸物・乾電池などの処理費458万円とゴミの焼却灰の処理量が1,034万円となっており、これについては燃やすゴミの量が増えている事が要因との答弁でした。
その理由は、これまでガラスなどの不燃物は最終処分場で埋め立てられていたものを再処理している事から、また、焼却灰は粗大ゴミ等を粉砕して焼却している事で焼却灰が増えた事が要因との事でした。
確かに、この手の委託料は出来高払いですので、ゴミの量が増えれば増額となりますが、これまで相当の時間をかけて委託料を算定し議決してきた経緯からは…そもそもの算定根拠が甘かったの?と感じてしまいます。
併せて、青天井に委託費を増やす訳にもいきませんので、今後の対応策をお聞きしたところ…今年度と来年度の2年間、ゴミの処理のモニタリング調査を委託しているので、その結果を見ながら対応していきたいとの事でした。
もちろんそれは、それで必要な作業とは思いますが…出来るだけ早急に減量化に努めていく必要があると思います。
仮に今回の1500万円のずれが20年続けば3億円が増額となる計算…そんな事は無いとは思いますが、最初が肝心です。
いずれこの事は、委員会に議論の場が移りますので…十分な審議を尽くして頂きたいと思います。
今日は一般質問の通告日、久々に半数以上の議員が登壇となりそうですが…結果は?
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク