HOME   »  2016(最近の記事)  »  見通しの甘さ…

見通しの甘さ…

先日お伝えしていた山内消防団の全国大会出場に関して…出発前のごたごたが影響を与えはしないのか?とハラハラしながらの見守りでしたが、見事10位入賞との結果に相当救われた感があります。
しかし、なぜこうなってしまったのか!との思いは残っており、今後に残してしまった課題の解決のために今一度振り返ってみたいと思います。
私が持っている最も疑問な点!それは、この出場の関連予算がなぜ議会最終日の追加議案だったのか?と言うこと…多分、応援に行かれる方々の人数の把握に時間がかかりギリギリとなった!との事とは思いますが、日程に余裕の無い中での議案説明、上程では、その内容に問題点が指摘されても修正する事が不可能、よって議案説明会時に出された疑問は最後まで払拭できなかった。
これについては、応援に行かれるご家族の旅費に対しての微妙な部分で、私としては議案説明会時にそこを指摘し、当局がそのまま上程するならば、後にそれに対する疑問が投げかけられたときに、キチンと説明を出来るよう準備しておくべき!と発言していましたが、実際の本会議の時点でこれに関する質問に対しては、的を得た答弁がなされなかった!
これは、その後報道された地方紙の内容を見ても明らかなように、一般常識で判断する時、その公費支出が適正なのかの判断基準の明確化と大方の方々が納得できる説明がされていない、との指摘と感じています。
次に、県の消防協会からの全国大会出場のための報奨金(正確な名称は解りません)の取扱、横手市ではこれを歳入として処理された事への疑問、これの説明では市長名で消防協会から交付された事なので…との説明でしたが、市の消防団の統監は市長ですので、市長名での交付は当然、なぜこれを市の歳入に計上したのか、その判断基準が違っていたのでは?と感じた事。
次に報道されてからの対応、山内消防団の家族の方々があの報道で市の旅費は使用しない旨の申し出があった時点での市側の対応…これはそこに拘わらない中での私の思いですので何と言えませんが、状況はどうであれ議会で議決し予算化されている情況からは、その方々を十分に説得されたのかとの思い…この事がさらなる混乱につながっていると感じています。明日に続く…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク