HOME   »  2016報告  »  ツールドフランスが終わり…

ツールドフランスが終わり…

今日は趣味について…7月2日に開幕した世界最高峰の自転車ロードレース・ツールドフランスが24日にゴールを迎えました。
このレースはフランス国内を、全21ステージに分けて23日間かけて走り、その距離はは3519kmとなる壮大なレースで今回で103回目の開催となります。
自転車好きの私としては、そのレースの行方が気になり毎日のようにネットで、順位の確認やレース内容をチェックしていました。
そして注目の結果は、マイヨジョーヌ(総合優勝)は昨年に引き続イギリスのクリストファー・フルーム、マイヨ・ヴェール(ポイント賞)はスロバキアのペテル・サガン(今年度のロードレース世界チャンピオン)、マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)はポーランドのラファル・マイカ、マイヨ・ブラン(新人賞)はイギリスのアダム・イェーツとなりました。
私としては、大好きなクリストファー・フルームとぺテル・サガンがそれぞれに栄光のジャージを取りましたので、申し分のない今回のツールと感じています。
日本人では新城幸也選手が参加されており敢闘賞を受賞され…同選手はリオオリンピックの代表でもありますので併せて健闘をお祈りしたいと思います。
また、新城選手は今年2月に落車をし大腿骨骨折と言う大怪我からたった5ヶ月での復帰と…その陰にはリハビリやトレーニングなど想像を絶する戦いがあったはずで…その努力が実ったものと、心からの賛辞をお送りしたいと思っています。
それにしても…ツールを見ていると同じ人間とは思えないようなパフォーマンスを見せてくれる選手たちに感謝・感謝・感謝です。
マイヨジョーヌ(総合優勝)のクリストファー・フルーム
furu.jpg

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク