HOME   »  2016(最近の記事)  »  複雑な思いを抱え…

複雑な思いを抱え…

昨日の委員会は、私的には非常に重苦しい審査となりました。
特に、請願の審査は同僚の紹介議員3名に説明者として出席して頂いた中でしたので…相当複雑な心境での委員会となりました。
各委員から紹介議員へ様々な質問が出され、それに紹介議員が答える形式で審査が進んで行ったのですが、お互いの主張が解っている中でしたので、どうしても感情論的な部分も感じられました。
そんな状況でしたので、私は思い切りストレートに事実関係を明らかにする質問にさせて頂きました。
内容は…アリーナの請願は、署名集めの文章、議員に紹介議員になってほしいとの要請文、公式に請願書として提出された文章と3種類の書面があり、その都度文面の内容が大きく変わっている事から紹介議員はどの時点の文章で紹介者となる判断をされたのか、この提出の仕方に議員として疑問を持たなっかのか、さらには3月議会での審議内容から請願の内容との違いなどについて質問をさせて頂きました。
その事で私の判断基準を明確にしたい、との思いからの質問でしたが、紹介議員の皆さんには、申し訳なかったのですが、少し酷な質問でもありました。
又、様々な角度で各委員が質問され採決となりましたが、賛成少数で不採択との結果でありました。
その後、付託された議案の審査となり活発な議論を経た結果、可決すべきとの判断となりました。
それにしても…とても大きな疲労感を伴う委員会審査となりました。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク