HOME   »  2016報告  »  専決処分に一言…

専決処分に一言…

昨日開催の議案説明会での一幕…先決処分された除雪車の事故について質疑と意見を申上げました。
内容は、除雪作業中に除雪車がバックし一般車両に衝突し、弁償金を支払ったものでした。
例年この手の事故は必ず何件か起こっているのも事実ですが、私が今回気になったのはその事故の発生時間が午後2時過ぎだったこと…これは、時間的に見て通常の道路除雪では無い排雪のための作業だったのではと思えましたので、その詳細な内容をお聞きしましたが、やはり予想の通り排雪作業中であったようでした。
7~8年程前から横手市の除雪車は2名乗車が原則で作業をしている情況ですので、排雪作業中であったならば助手が降車して誘導するのが当たり前、そのための2名乗車です。
しかし、今回の事案では助手が降車しておらず事故となったものでしたので…当たり前の作業手順を守っていれば当然防げた事故でしたので、その部分に対し注意喚起をさせて頂きました。
やるべきことを怠り、相手方の市民に迷惑をかけてしまうこのような事案は、当然避けるべきです。
この案件に拘わらず、今回出されたものの中には児童を降ろした後ではありましたが、走行中うっかり落としたペットボトルを拾おうとして道路標識やポールを破損したスクールバスの事故、一歩間違えれば大変な事故につながりかねない案件もありましたので…今一度、作業を再確認し緊張感を持って業務にあたって欲しいと思った次第です。
今日は午後から総務委員会の懇談会が開催されますので登庁となります。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク