HOME   »  2016報告  »  困惑…

困惑…

先日、「アリーナ建設への請願の紹介議員になって」との要請が横手商工会議所からありました。
このアリーナ建設に対しての私の考え方やスタンスは、このブログを見ていて下さる方々にはご理解いただけていると思います。
よって、この要請にはお断りをさせてもらいました(最も私自身、総務委員ですので最初から紹介議員にはなれませんが…)
請願を提出される団体の方々は、これに先駆け署名運動をされておられましたが、これに対して「署名を求められているがどうしたら良いの?」との相談や、「アリーナは建設しない事で決着したんじゃないの?」との質問もいただいていました。
その時点で署名を集める文章を拝見したのですが、これまた大きな誤解があるようで…「市民の声が届かない中で議会の審議が進み白紙撤回された」との内容を見ても解りますが、議会での議論では「ほとんどの市民がアリーナ建設の計画すら知らずに全く情報もない中では、建設の是非を判断する環境が整っていない、建設する為には市民に十分な情報を提供し合意形成を図るべき」との意見が大勢を占めていました。
また、市長部局からの答弁は「新年度に入ってすぐに基本設計に取り掛からないと、時間的に合併特例債の適用事業とならないとの事であり、市民説明後の事業展開は不可能」との内容でしたので、事業継続が出来ない状況での予算計上はあり得ないとの判断で、当初予算から削除されたアリーナ建設ですので、私としては決着済みとの案件との認識でした。
この状況下での今回の請願ですので…正直、困惑していますが…いずれこの請願は、今6月議会で取り扱われる事となりますので…担当委員会の総務委員会の一員としてしっかりと審議したいと思っています。
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 横手市民です
こんばんは、ブログを見て頂いて恐縮です。
今回提出された請願は、議員の紹介がある事から通常の陳情よりももう1歩踏み込んだ働きかけと感じています。
3月議会でも相当踏み込んだ議論をしてきましたが、請願の内容は市長側で無理と答弁されている内容を「何とかして適用させて」との内容ですので…このあたりの内容については、審査の過程で紹介議員の方々からお聞きしたいと思っていますし、当然しっかりとした審議をさせていただきます。
いずれ、市長側から再度建設の予算が上程されない限り、直接アリーナ建設については、審議することはありませんし、市長も時間軸からも3月議会終了時には「アリーナ建設は断念する」との事でしたので…新聞のコメント内容は、私も図りかねています。

> こんばんは。
> 今日の魁新聞でアリーナの記事をみました。
> 署名といっても働いているところで書いてと言われれば書かざるおえない状況の人も居るのではないかと思いました。
> また、本当に全部自筆の署名なのでしょうか?
> 横手の色々な団体の上の方達はなりふり構わず建設したいみたいですね....
> 借金を返す頃には自分達には関係ないでしょうから。
> 市長は新聞の記事では議会を注視してと書いてありました。
> 自分の責任にしたくないのでしょうか?
> 寿松木議員には、これまで同様慎重に未来の横手市の為に議論して頂きたいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク