HOME   »  2016報告  »  リセットをするために…その参

リセットをするために…その参

アリーナ関連の採決は各議員も大いに悩み判断が分かれました。
その判断基準はどこにあったのでしょうか?…個々の議員で様々な考え方があるので何とも言えないのですが、その答えの一端は討論に現れていたように感じます。
アリーナに賛成される方の討論に共通していたものは、夢!市長をはじめ担当部の説明から交流人口の増加やその消費で市内経済が活気づき、横手市のシンボルとなりうる施設になるのでは?との思い、また、様々な団体からの要望書や署名が民意との捉え方で、期限まで使える合併特例債は使った方が得との思いがあったように感じました。
私自身は、アリーナ関連予算を削除する修正案を提出していましたので、この方々とはその考え方、判断基準が当然大きく違っていたのですが、その討論をお聞きしながら「バブル前のイケイケどんどんの頃だったら…」との思いを持って聞いていました。
様々な考えの違いがありましたが、この問題については、市議会としての答えが出ましたし、市長も「計画の撤回」を明言されましたので、完全決着となりました。
大きな議論を巻き起こした今回のアリーナ建設計画、今後の横手市政転換のトリガーとなってくれれば…と願い、これで完全リセットにしたいと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク