HOME   »  2016報告  »  委員会審査も波乱含み…

委員会審査も波乱含み…

一昨日からの委員会審査、昨日から28年度の予算に取り掛かっているのですが…これがまたギシギシ?ギスギス?と言ったあんばいで…特に昨日引っかかったのは十文字統合小学校に関する部分、これはこれまでも設置場所で様々な動きがあり、教育委員会は設置場所を決めるために地元のPTAや地域づくり地区会議の皆さんで構成される検討委員会を開催し、何とか教育委員会に一任をとりつけ、十文字中学校隣接地に決定したいとの意向を示し、建設に向けた予算を上程しています。
総務文教委員会としても1月中旬に開催された検討委員会を傍聴し、地域の皆様の生の声をお聞きしていましたので、現在計画されている中学校隣接地とするには道路整備が課題となる事から、学校建設予算と伴に、これに付随する道路整備費の概算見積もりの提示を求めていました。
しかし、示されたのは富沢方面からの1路線だけでしたので…私たち議員の目からはこれと伴に、建設予定場所の状況からは最低でも国道13号側からの進入路、陸上競技場付近の整備と今後予想される部分が示されていない状況でしたので…
ここからは、私の憶測ですが…教育委員会側は学校建設まで今回示した1路線を整備、その後は状況を見ながら順次整備していくと考えていたように見えましたが、議員側は、将来的に整備するのであれば当然、その費用も勘案しトータルコストを考えた中で整備していかなければならない、との考えでしたので…週明けの月曜はこの部分からの再開となります。
教育委員会サイドの出方を注目したいと思います。
そして、その後は懸案のアリーナ関連の予算審議となりますので…相当の長丁場となるような気がしていますが、市の命運に直結しかねない事業ですので、しっかりと審査をしたいと思っています。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク