HOME   »  2015報告  »  常識が通らない…

常識が通らない…

今日はクリスマスイブ、子どもたちが小さかった頃は家族の一大イベントだった日ですが…大人だけで迎えるイブは、味気ないものになってしまうような気がしています。
さて、国の基礎収支が赤字との記事…これは今に始まった事ではありませんが、毎年続いている情況には…国会で仕事をされている方々の常識が理解できません。
確かに、未来への投資などから国の収支が若干の赤字となるのは在り得るとしても現在の状況は…税収では基本的な施策も賄えない状況です。
この状況下で10%となる予定の消費税率、しかしこれとて軽減税率の導入で見込みの税収は激減…これでは何のための消費税増税なのか、その目的すら霞んでしまいます。
軽減税率は低所得者対策とされていますが、実際には消費行動の多きい方々に有利に働きますので…確かに低所得者が消費に占める割合では大きくなりますが、実際の額では…とても疑問に感じています。
選挙対策ばかりでは…余りにも情けなく感じてしまいます。
目先の保身を図ることよりも、大義を持った議論をするべきと…勿論、これは我々地方自治体にもそっくりと当てはまっている構図ですので…まずは出来ることから!
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク