HOME   »  2015報告  »  誰のために、何のために…

誰のために、何のために…

昨日の朝刊に十文字統合小学校の建設予定地の記事が掲載されましたが、これには少なからず違和感を覚えてしまいました。
と言うのも現在市側が候補地として設定している十文字中学校の隣接地は、過去に策定委員会の皆さんの意見を取りまとめて決定されたとされていますが、実際にはその会議でこの場所がベストとの意見では無かったとの内容ですし、その後の街づくりを含めた観点から現在の第一小も候補地に入れるべき!との意見もあり、そのための検討をしている最中でした。
そして昨日、総務文教委員会の説明で出されたのは…様々なクリアーしなければならない課題は存在するが、建設自体は可能との内容でした。
また、教育委員会では過去の策定委員を含んだ策定委員会で改めて全ての案を提示し建設地を定めたいとの意向のようでしたが、その情報が出される直前の一般質問であり、新聞報道でしたので…そのタイミングの悪さには(ふぅ~)
その中で私が最も懸念している事…今回の選定に当たって誰のために、何のために…との根本的な視点が薄らいでいるように感じる事です。
その学校に通う子供たちがどうなのか…その子どたちを育てるためにはどこに学校があるべきなのか…その視点で考え直す必要があると思いますし、その子供を抱える地域の声が大切と感じます。
少子化となり激減している子供たち、その子供たちを地域で育てる、そんな視点から地域の皆さんが決断する…これまでの歴史からも小学校は地域住民のよりどころでしたので…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク