HOME   »  2015報告  »  すれ違い…

すれ違い…

昨日開催の議案説明、行政課題説明会を通して感じたのは…余りにもお粗末で上から目線の判断基準だったように感じました。
まずは増田の庁舎改修、これについては以前も指摘させていもらいましたが、一番利活用される地域の皆さんの声が反映されていない状況のようで…市側は国の補助金に合致させようとする事に執着し、地域づくり協議会の皆さんとの充分な合意形成がなされていない中で、物理的な時間切れとの印象を持ちました。
確かに補助金の魅力はありますが、何のための改修なのか基本に立ち返る必要があると思います。
この件については、議運の委員長で司会進行でしたので質問できませんでしたが、地元出身の議員の方々の質問をお聞きし改めて上程議案のお粗末さを感じました。
その後の行政課題説明会での十文字地域の統合小学校の建設予定地の説明、これも9月議会で斎藤光司議員が提案した現十文字第一小学校を利活用する案に対し、当局は一生懸命その場所が不適当とするための説明に終始していたように感じました。
しかし、その最大の根拠となっている面積が狭い、との部分は市道を付け替えれば済む話です。
また、PTAや関係者の皆さんで構成された策定委員会での合意に関しても、この場所が検討されていない状況でしたので…改めてこれに対する意見をお聞きし、再度の合意形成図るべきと考え、質問させていただきました。(PTAのなかからも第一小学校近辺を望む声が聞こえてきています!)
最近の当局の進め方は、利用する側の市民の思いが反映されていない、結果ありきのようで…とても心配な状況に感じています。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク