HOME   »  2015報告  »  その施策の目線は?

その施策の目線は?

昨日の行政課題説明会…名前の通り役所の皆さんが今後実施に向けた様々な施策の説明をお聞きする場でしたので、素直な気持ちで拝聴してきましたが、説明された施策の中の方向性にはかなり疑問を感じるものも多く見受けられました。
具体的な内容については、今後議案として上程された際に質問していきたいと思いますが…一例、ゴミ搬入の料金の改正を考えているようですが…担当課としては新施設の稼働にあわせて…との考えからと思われますが、この施設建設に至る経緯、市民におこなってきた説明などを振り返ると、施設を運営していくためのご都合主義!と感じてしまいます。
まずは無事に稼働・運営していただき、その全体でのコストダウン化の検証が先かと…市民は家庭ごみの分別方法や出し方の変化に対応するのに四苦八苦するその状況を、その不満が溜まった中での料金改正?…そこに至る判断力を疑ってしまいます。
また増田地域局の改修もしかり、国や県の補助金との絡みもあり…違うでしょ!地域の皆さんが受けいれ、自分たちの考えている改修に補助金がついた!にしないと本末転倒、地域局庁舎のリニューアルは市のためにするのでは無く、そこを利活用される皆さんのためにあるべきと…確かに補助金の魔力にはそそられますが、根本を忘れているように感じられます。
いずれ様々な課題が説明されましたが、その改正が誰のためにするのか!今一度基本に立ち返るべきと考えます。
P.S 昨日の記事、消防議員連盟が要望議員連盟になっていました。周りの方々にご迷惑をおかけしましたが…口の悪い方は本音が出たんじゃないの?と…いえいえ決してそんな事はありませんのでご安心を(笑)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク