HOME   »  2015報告  »  やっぱり変に感じます…

やっぱり変に感じます…

今年度に入ってから9月までのふるさと納税額が前年同期の3,9倍の435億5500万円に達したとの発表がありました。
その要因は今年度から減税対象とのある寄付額の上限が約2倍となり、寄付先が5自治体までなら確定申告が免除される事からとの事のようです。
これに併せるかのように各自治体では返礼品の充実となっており、当市でも遅ればせながら多くのアイテムを取り揃えるとしています。
本来からすればこの435億5500万円は真水の税収のはずが、返礼品で約6割近くが物と手数料に代わってしまっているのが現状、確かに約4割の174億2200万円程は各自治体の税収として入る計算にはなりますが…なんとなく釈然としません。
そもそもの税金が、商品や手数料に代わり返礼として納税者に還元される?これでは、税金本来の公平性が損なわれているように感じられます(余裕のある方だけが返礼品を受け取れる)
国家財政での歳入不足が指摘されている中でこんな事をしている余裕はないと思うのですが…よしんば、地方の元気を取り戻させるため!との意味であったとしても、もっと違う施策をするべきと感じます。
地方が疲弊しているのは経済だけではありませんので、もっと本質的な部分での支援策が必要と感じます。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク