HOME   »  2015報告  »  10周年記念式典…

10周年記念式典…

今日の午後から合併10周年の記念式典が開催されます。
市民にとって合併とは何だったのか…その評価はマチマチとは思いますが、私としては通常の生活で激変を感ずることなく住める環境を提供できるのが基本と考えていますので、その意味では、それなりに評価できるのでは?と感じています。
しかし、それによって様々な弊害もでてきていますので、これの解消にはこれからも全力で取り組んでいかなければ…と同時に感じています。
その中で、最近もっとも気になっているのは各地域の温度差…高橋市長は旧市町村の垣根を取り払い均衡ある発展を目指したい、と訴え当選し市政の舵取りをされていますが、現実にはこの2年間で各地域の温度差は開いてきているように感じてしまいます。
その要因については様々なものがあろうとは思いますが、広大な面積の中それぞれの集合体として成り立ってきた旧市町村、風習も文化にもその違いがある中では、簡単には同じ方向や考えにはならない部分もあるように思われます。
これをどのようにして一体感を持たせていくのか…やはりその実現には時間がかかったとしても、その地域の特性を活かした各地域の集合体としての横手市であるべきで、その中で時間をかけた中での一体感を醸成していくべきと考えます。
その最大の理由は…そこに住まう人、その方々は長年そこで生きてきた訳で…人は急には変われません!年代にもよりますが特に年を重ねられた方は中々簡単には変われませんので…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク