HOME   »  2015報告  »  引く事での美学…

引く事での美学…

安保法案で混迷を深めた国会も閉会し、話題の中心は安倍内閣の改造人事に移ったように感じられます。
その中でマスコミが話題の中心といて取り上げているのが小泉進次郎氏、彼の若さとルックスそして抜群の発信力とセンス抜群の政治家の方ですので…当然、待望論が出ても不思議ではないと思われます。
通常政治の世界では、俺が俺がと身の丈をわきまえずポストを欲しがる方がほとんどですが、彼は一歩引く事で常に国民目線で物事を捉えている…稀にみる政治センスの持ち主と感じます。
ややもすれば、ポストは取りたい人と取らせたい人では違う顔ぶれになりますので…時期を同じくしての市議会での人事ですので…
さて、今朝の地方紙にゆとりおん大雄のホップ茶事業の応札がゼロ!との記事…私も地元の事ですので様々な情報は入ってきますので、想定の範囲内でしたが…この施設を清算するとの方針が出された段階で、議会側としては今回の売却には疑問符を付けていましたので、やはり、との思があり…この事については後から!
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク