HOME   »  2015報告  »  何となく似ているような…

何となく似ているような…

14日にも採決されようとしている安保法案に反対の声が日々大きくなっているように感じます。
この反対運動は、特に一般民衆の間で広がっており連日全国各地で反対の集会が開催されています。
その主な理由は、政府の解釈変更という強引な手法にたいするものや安全保障そのものに反対されている方など様々ではありますが、いずれ安全保障の仕組みが変更される事への理解が進んでいない中での強引な手法に批判が集中しているように感じられ、説明不足の感は拭えないと感じられます。
これに似ている情況が我が市でも起こっているような…アリーナ建設で、将来の市の財政にどのような影響があるのか?具体的にどのような施設になるのか?それに伴う建設費用は…議会でも質問が出るたびに納得できる答弁は無く、施設のコンセプトが煮詰まっていないように感じる中での調査費の議会上程となっています。
また、議会でも理解が進んでいない中で、先行して人事異動も行われました。
私が知る限り、この構想に賛成という市民はいない中で、議会ではアリーナ建設の調査費に判断を下さなければならない状況…まるで国会での迷走と似た状態と感じます。
ただ、国会と違うのは、党議拘束をかけられることは無いので、議員それぞれの良識で賛否の判断が出来ます。
これだけの大きな判断が求められる審査は議会でもめったにない事ですので、多くの市民の皆さんにも興味を持って頂いて横手市議会での議員個々の判断にも注目して頂きたいと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク