HOME   »  2015報告  »  数字のマジック…

数字のマジック…

今日から一般質問がはじまりますが、その前に…昨日の会派代表質問には、4会派の代表の方々が登壇されました。
その質問をお聞きしていると…それぞれの懸念されている思いを伝えようとされているように感じました。
その中で少し気になった部分、アリーナの財源について合併特例債を充当しても計画されている起債上限に収まる見込み…との答弁でしたが、ここまでは私も本会議の上程時にお聞きしていました。
核心はここから、これに特例債を充当することで今後の市の様々な施設整備に支障が出ないか!ここが問題と思います。
ですから総合計画・財政計画を見てから判断したいとの思いなのですが…ここが示されないと・・判断できる状況になりません。
また、財政についてもう一つ、財政については公債費率も順調に推移して?との内容の答弁に聞こえましたが…実はこれにもマジックが…同市では起債残高が毎年増えているのに公債費率は良くなっている?これは、現在市の予算が膨らんでいる事での改善!、これで予算が縮小していくと比率は当然悪化していく状況ですので…皆さんお解りの事とは思いますが、ここを間違えると議論が噛み合いませんので(ふぅ~)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク