HOME   »  2015報告  »  本質とは違う部分で…

本質とは違う部分で…

安保法案の審議が参議院で始まっていますが、その審査の内容が本質とは違う方向に向かっているような印象を受けてしまいます。
首相補佐官の礒崎氏の講演会での発言をめぐっての責任を辞任との思惑がある野党と、説明をし発言を取消したことから幕引きをしたい与党とのバトル…最近の国会はいつもこのパターン、安保法制の肝心の内容についてはほとんど審議されているように見えません。
こんな事をやっているから参議院不要論が益々大きくなってくると思うのですが…参議院の皆さんにも少し危機感を持っていただきたいと思います。
先日議決された参議院の選挙制度改革…これまで長い時間をかけた、とされていますが、一票の格差を5倍弱から3倍ほどに是正した数合わせにしか過ぎず…肝心の参議院の果たす役割など本質論は全く聞こえてこない!国の最高機関として情けない限りと感じてしまいます。
近い将来の法律改正を見据えての安保法案、日本の安全保障に拘わる大切なこの法案審議ですので、もっと重箱の隅を突っついたような話でなく、内容突き詰めた審議を期待します。
さて、昨日の北上市との交流ゴルフコンペ…それこそ猛暑の中での開催でしたが、リタイヤされる方も出ず無事に終了することが出来ました。
私も今年2回目のゴルフでしたが、スコアはまずまずの47・49の96でホールアウトとなりました。
その中でも、8番と9番のロングホールで連続バーディ、特に9番では2打目でグリーンを少しオーバーし、パターでイーグルを狙う…なんかプロゴルファーになった気分を味わえましたので、大満足のゴルフでした。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク