HOME   »  2015報告  »  なぜ?怒り?…

なぜ?怒り?…

昨日の記事に対しある方から…なぜ?怒る必要があるの?とのご質問…記事内容が少しわかりにくかったのかな~と反省しています。
私が昨日言いたかったのは、資金ショートまで残された時間が少なくなっているにも関わらず、当局はどうして方針を打ち出さないのか!と言うことであります。
繰り返しになりますが、この第三セクターの経営に関しては、指定管理料の認定時以外には議会としては全く施設との接点が無い状況ですので…今回のような資金不足が生じた場合は、三セクの株主として市が経営に関わる形ですので、仮に市側が資金援助をする場合には、その資金の拠出を議会が認めるかどうか議決する事での関与でしかありません。
私から見れば、今回のような資金ショートの場合は大きくは対処が3つ程と思われますが…1つ目は市が知らんぷりをし経営破綻、その後市が資金を投入し後処理をし直営施設とする、2つ目は今年度中に策定するとしている温泉施設などの今後の運営方法を定める事から、それに併せ市の資金を投入し経営を継続させる…3つ目は2つ目と同じスタイルだが、投入する資金は施設の経営陣に任せる…との方法ですが、1つ目の方法は拠出する資金量は同じ位で横手市が受ける社会的信用度の低下等のダメージを勘案すれば、この手法は取るべきでは無いと思いますので…
仮に2つ目の手法を取るとすれば、当然、議会の同意は必要ですしその為には残された時間からは早急な方針の表明が必要だったものと…
昨日今日発覚した資金不足で無いにも関わらず、方向性を打ち出すことも無く「施設の皆さんの経営努力を期待する」との幻想で、現実的な対応を怠ってきたこと!そしてこの状況になっても未だ方策をうちだせない!呆れるしかありません。
今回のこの事に限らず、様々な問題に対する市長サイドの意思決定のスピードが遅くなっているように感じているのは私だけでしょうか…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク