HOME   »  2015報告  »  懸念…その2

懸念…その2

昨日に引き続き…質問の2点目「金沢地区総合交流促進施設整備事業」ですが、その内容に疑問を感じていました。
まずは地域の合意形成について…予算に盛られた名称が表す通り、はっきりと公民館建設事業と言えていないところに歯切れの悪さを感じます。
当該地域での設置決定に至る経緯では、住民の意見が分かれている状況…設置を協議する会議でも意見が割れ最終的に投票となり最小の1票差で金沢小学校の跡地としたようで…十分な合意形成がなされていないと感じます。
また、建設のための財源は合併特例債と決めていたようですが、今般の地方創生のメニューの中にも施設の集約化・複合化への優遇措置制度が打出されており…その検討もされていない状況もあり、また、昨年FM(ファシリティマネージメント)計画の策定が当局から打ち出され、現在多くの公共施設の整備等はその策定を待っている状況ですので…この施設建設には当然疑問が生じます。
また、議会に対しても今まで説明されていない中での今回の上程にも思わず首をかしげてしまいますし、この状況で上程するに際しての政策会議でどんな議論が交わされたのか…そこで異論は出されなかったのか…疑問が次々と湧いてきます。
これらの疑問が十分に払拭できない中では軽々な判断ができかねますので…付託された委員会での審査を注視していきたいと思います。
それにしても…地域合意が十分でなく現在の公民館の閉鎖にも様々な意見が出されている中での建設…繰り返しになりますが、なぜそんなに急ぐのか!その理由が解りません。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク