HOME   »  2015報告  »  改革には痛みが…

改革には痛みが…

私が議員として活動してから15年が経過していますが、その中で様々な改革が断行されてきましたし、自ら所属する議会でも大きな改革を数多く経験してきました。
その中では常に痛みが発生し…将来を見越しての改革は必要!との思いの中で痛みに耐えて歩んできたように感じます。
そして今回、農協が60年ぶりに大改革されると…これは政府案をJA全中が受け入れを表明したことで…JA全中は監査、指導権限の撤廃を受け入れ、一般社団法人化されることにより地域農協への指導力と政治的な影響力が低下することとなります。
護送船団方式でJA全中を中心としてきた各地域農協は、今回の大改革で独自の方策で荒波を突破していくこととなりますので…各地域農協の実力が顕著に表れ、農家所得に直結していくこととなります。
しかし、このような大改革には相当の痛みが発生することは容易に予想できます(市町村合併で経験済み)ので…それに対する痛み止め(緩和策)は当然必要と思うのですが…
今日は午後からセクハラ・パワハラなど「ハラスメント対策の実際と課題」についての研修会、全協懇談会、産建協議会と会議が続きます。
P.S 昨日YOKOTE I believe (よこて人のまちづくりXB-1グランプリ)の第2回実行委員会に出席してきました。これは合併10周年記念イベントとして本年6月13日、14日に横手庁舎周辺で大きなイベントを開催するものですが…詳細については改めてUPします。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク