HOME   »  2015報告  »  恐れていたことが現実に…

恐れていたことが現実に…

昨日イスラム国から衝撃的なメッセージが発せられました。
2名の日本人の身代金要求でその金額が2億ドル(236億円程)と…これは安倍総理が中東歴訪で表明したテロ対策費用の金額と同じ…イスラム国側の言い分では日本が拠出する金で、同朋が受ける被害分を要求するとの事でした。
しかし、その提供される資金の内容からは、戦闘行為にではなく人道支援のために…との思いが込めらていたようですが、全く違った解釈をされ、今回の要求になっていると見えます。
拘束された日本人の2名に関しては、私も報道からの情報しかないので何とも言えませんが、これだけの危険地帯に足を踏み入れている情況からは、それなりの覚悟を持って行かれていたものと思いますが…これまでのイスラム国のこの手の事件では最悪の状況も予想される中で、平和ボケしている現在の日本国民がどう受け止めていくのか…政府の対応も相当難しい選択を迫られていると感じます。どうか無事で帰ってきて頂きたいと願っております。
さて、昨日の議案説明会で…5億円の除雪費の補正に際し、その金額の大きさから内容を問う声が出されました。
しかし、残念ながらそれに対する説明ははっきり申し上げて「お粗末!」と感じました。
これに関しては何人かの議員も同じように感じていたようで…来週の議会時には本会議・分科会を通じて質疑が出ることが予想されます。
昨日も書き込みましたが、冬の交通路の確保は市にとって当然のインフラですので、除雪費が嵩むことはやむを得ない側面はありますが、市民の税金を使っての費用捻出である事を考えれば当然、その説明は疑義を持たれる方には納得してもらえるような説明であるべきです。
これは常々感じている事ですが、議案説明会時には補正予算に関する事には財政が説明されますが、その予算の実際の運用は当然担当課が行うわけで…当然、内容についての疑問点には担当課が答えるべきと…そのための準備は当然の事と思われます。
しかし、現実的には…詳細な説明を求められた時にまごついている情況もちょこちょこ見受けられますので…緊張感を持って臨んでいただきたいと思います。
私にとっては、この議案説明会は鬼門で…だって、自分が進行する立場となっていますので質問できませんので(笑)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク