HOME   »  2014報告  »  政務活動費…

政務活動費…

この世の中を! ウグッブーン!! ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!! ヒィェーーッフウンン!! ウゥ……ウゥ……。ア゛ーーーーーア゛ッア゛ーー!!!! ゴノ! 世の! 中ガッハッハアン!! ア゛ーー世の中を! ゥ変エダイ! その一心でええ!! ィヒーフーッハゥ。一生懸命訴えて、西宮市に、縁もゆかりもない西宮ッヘエ市民の皆さまに、選出されて! やっと! 議員に!! なったんですううー!!!
これは、言わずと知れた野々村元県議の号泣会見を文字に書き起こしたものですが…このあきれる茶番劇から始まったともいえる政務活動費の不正支出は全国に飛び火し大きな社会問題となっています。
この政務活動費、以前は政務調査費と呼ばれていましたが、この制度改正時に私達も内容のレクチャーを受けた事が思い出されます。
その当時は「非常に使い道が限られていた調査費の使い道が広がる」とのふれ込みでしたが、実際にはほとんど一緒と感じましたし、横手市議会では政務調査費時代から円単位の領収書を添付して報告が義務づけでしたので…今回の一連の報道の中で全国で最も進んでいるとして紹介された函館市議会との違いは、HPで公表している部分だけの違いですので…我々もその対応をすべきと感じています。
それにしても…我々市議会では月額1万円で年12万円の範囲で円単位の領収書を添付しているのですが…自治体によっては700万円を超える支給額のところから同じ目で見られている現状は…トホホと感じます。
政務活動費のみならず、政治資金そのものが国会議員から市町村議員まで同じ法律を適用させようとしているところにそもそもの無理があると思うのですが…いずれ指摘を真正面から受け止めても全く問題が無いと思われますので、我が市議会も一刻も早いHP掲載とすべきと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク