HOME   »  2014報告  »  委員会審査…その1

委員会審査…その1

昨日からの委員会、判断の難しい案件が入っっていましたので…一般会計の分科会(産建分科会)の部分では採決を行わない事で決着?しました。
これに関しては、どっちなの?との声が聞こえてきそうですので、その内容について…
横手市議会では委員会方式を採用しており、市当局から上程された議案は各常任委員会に所管ごとに分割し付託しています。
ところが、この方式は予算や補正予算の審議には大きな問題を抱えており…例えば、予算の歳入(入り)を審査している総務委員会が可決すべし!、歳出(出)を審査した産建委員会では否決すべし!となりますと…そんな事例が過去にもあり、委員会で採決を取れなっかたシーンがありましたので…このような事例は全国的にあり、委員会への予算を含む議案の分割付託は好ましくないとされています。
横手市議会でもこの状況から平成20年頃から、予算・補正予算は一般会計特別委員に付託し、特別委員会が各常任員会で構成されている分科会に分割付託しています。
これにより、各分科会で採決された結果により歳入・歳出に差異が発生しても一般会計特別委員会での審査で解消し、本会議へ…との流れで審査されています。
でも…今回の産業建設分科会では採決しませんでしたので…その訳は、後ほど…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク