HOME   »  2014報告  »  重い責任…

重い責任…

今日、市議会は休会日ですが総括質疑の届け出が11時までとなっていますので…6Fの議会フロアーにはいつものように聞取りの職員の皆さんで溢れかえる状況と…今回の総括質疑は私の予測では3~4人と思っていますが…私自身は一般質問もさせて頂いた事ですし…議会も終盤を迎えていますが、私の通信の配布もやっと最終版、この週末からの連休中には終了の予定です。
さて、昨日やっと重い腰を上げて朝日新聞社が原発の報道に対しての謝罪をしました。
会見では社長の口から「吉田調書を元に記事を作成したが、取材した記者の思い込みとその調書を目にする限られた体制でチェック機能が働かなった事で誤りが発生した…」との事のようでしたが…また、従軍慰安婦問題でも間違った報道を繰返した事にも訂正記事を掲載しましたが、これに対しても訂正の遅れを謝罪…あきれ返るトップの対応だと思います。
自社発表で760万部を発刊しているとされる大新聞社、誤った報道!この一言で済まされる問題ではないと思うのですが…これにより損なわれた日本の国益をどう償うつもりでしょうか!
これに併せるかのように朝日TVの報道ステーションでもこれらに関した検証特集を40分近く放送していました。
しかし、これも言い訳がましく見え…とても検証し、謝罪するような内容には見えませんでした。
出演しているご意見番も朝日新聞社の方ですので…両社も根っこは同じと感じてしまうのは私だけでしょうか?当然の事ながら、猛省を期待します。
報道の自由の確保は当然ですが、それには正確な報道の義務も伴う…当たり前の事を当たり前に…当然の事と考えます。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク