HOME   »  2014報告  »  勝負の厳しさ…

勝負の厳しさ…

昨日は全ての予定を息子の高校総体の応援に集中しました。
朝一で湯沢市総合体育館に…初戦は春季大会のj準優勝校の羽後高校戦、途中までは何とかゲームになっていましたが2試合目に向けメンバーを2年生中心に入れ替えてからはついて行けずに…初戦を落としてしまいました。
そして迎えた大農との運命の2戦目、これに勝利すると準決勝に進めますが負けると最下位決定戦でしたので…応援も当然のようにヒートアップ!そしてゲーム内容も手に汗握る大熱戦となりました。
立ち上がりから序盤は大農リード、そして追いつき逆転、その後追いつかれ逆転されましたが、さらに追いつき再逆転し最終的には1点差で逃げ切る…中々にお目にかかれない大熱戦でありました。
勝利の瞬間、ベンチ応援席とも歓喜の渦に包まれたのは言うまでもありません(本当に良かった~)
でも…その中で終了のホイッスルとともに泣き崩れる大農のプレーヤー…なんと声をかければ良いのか…ナイスゲームと拍手を送るのが精一杯でした。
この大農と横手は、普段から練習試合をしながら高めあってきた部分もあるチーム同士でしたので…複雑な部分は選手同士にもあったようです(息子は負けるんだったたら大農…と言っていましたので)
確かに勝負は厳しと解っていたつもりでも…3年間の部活の集大成と言うべき試合で…1点が勝負を分ける…改めてその厳しさを見せつけられました。
そのチームも今日は春季大会覇者の湯沢戦、応援に行きたいところですが…本会議ですので(´;ω;`)
息子には、悔いのないように精一杯のプレーをするよう伝えながら…湯沢経由で、出発です。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク