HOME   »  2014報告  »  露呈した説明力不足…

露呈した説明力不足…

昨日に続き…議会運営委員会で除雪ドザーの採決時期を巡っての議論がありました。
通常であればこの手の議案は、本会議初日に提案され委員会審査を経て最終日に議決されるのですが、今回はこれを初日の本会議で議決してほしいとの要請があり、議題となっていました。
この事について議運では「なぜ急がなければならないのかの明確な理由を説明してほしい」との意見が出されましたので担当部局から出席をしていただき説明を受けました。
最も大きな理由は、昨年冬の全国的な豪雪により関東近郊を含め多くの自治体より除雪ドーザーの発注があり納期的に心配、また、入札が終わり仮契約の状況が続いており早めに本契約をする意味でも初日の議決をお願いしたい…との事でした。
これに対する議会側の主な意見は、入札制度の中で納期は明示されている、通常の議決で支障があるのか…これに対しては、通常の議決でも納入期限は当然守られるので大きな支障は無いと思われる…????ビックリする答弁でした。
この事で議運では、通常の議決で問題ないとの判断に至りましたが…委員からは、当局の要請に大きな不満が出されたことも事実です。
私自身この説明内容に大きな疑問を持ちましたので、その内容について調べた中では、説明力不足!と感じてしまいました。
わざわざ議運に図った初日の議決要請!その真意を伝えきれていない担当部局…とても残念に感じました。
どの部分の説明が足りなかったのかについては…支障が出ると困りますので…直接お問い合わせ頂ければと思います。
今日はこの件を含めた様々な課題の解決に向けて…登庁します。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク