HOME   »  2014報告  »  集団的自衛権…

集団的自衛権…

国会での議論がヒートアップし、国民の間でも様々な議論がある集団的自衛権の問題、何となく出されている様々な情報には大きな誤解を生むものが多すぎ、その本質を見失ってしまっていると感じています。
そもそも論となりますが、集団的自衛権と個別的自衛権などと自衛権を分けて考えている事自体がナンセンスと考えます。
自身の身に置き換えて考えれば、何もしていないのに突然暴漢に襲われたら…当然身を守る行動をするのが当たり前、またその時に隣にいた彼女が襲われたら…当然守ろうとする、これが国際的にもスタンダードな基準と…ここまでは誰でも異論はないと思います。
これを国家に置き換えても同じこと…そのために、集団的自衛権と個別的自衛権などと分けて考えはナンセンスである、これは国連加盟国の間でもスタンダードとの事を明石氏の講演でも拝聴しましたし、私自身も同感であります。
現在の日本国憲法の成り立ちからか、この部分についてダブルスタンダードになってしまっているのが現状で、この事が議論をややこしくしているのでは…と感じています。
憲法の解釈の変更での対処では少し無理が生じている状況もあり…でも、反対されている方々の様々な意見を見ますとこの自衛権を超えてしまっている、誤った解釈があるように感じますし、議論の成り立ちそのものが性善説に立っているように見えます。
最近の近隣諸国の状況を見る限り…性善説に立った議論は成り立たないと思うのですが…

P.S 今日から息子が花巻での合宿、3日間は家内と二人の生活ですが…なぜか緊張している自分がいます(笑)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク