FC2ブログ
HOME

横手市議会議員 寿松木孝が想いを伝えます。

Y8サミット…

今日の午後、Y8サミットが開催されます。
このY8サミット、市内各中学校の代表の皆さんがいじめ等の学校における諸問題を生徒自らが主体的に解決を図りながら、快適な
学校生活を創造することを目指した市内中学校生徒会の協働・連携によりつくられた「創快宣言」を合い言葉に様々な活動を実践されており、その実践の発表が議会形式(中学生議会)で行われる内容となっております。
今日がその発表の場となりますが、ここ2年程は中学生が議員側に座り当局側に質問をする状況でしたが、今年は当初の方式で私達議員が中学生の説明に対し質問をする方式となり…7校の取組みに対し、7名の議員が質問が質問をする事となっています。
私も登壇の予定ですが、過去の経験では通常の議会での質問と勝手が違い大いに緊張しましたので…何とかトップバッターの役割を努めたい!と思っています。
Y8.jpg

やっと重い腰が…

今朝、いつもの通信の配布へ外に出たところ冷たいものがパラパラと落ちてきましたので…急きょ予定を変更し、冬囲いをしました。
毎年この時期、そろそろと思っているうちに初雪を迎えてから大慌てで行っていた冬囲いでしたので…今年はいつになく早めの実施となった次第です。
3~4年前に「こんなに丈夫なかこいを造って!」と周りに笑われたのですが、その丈夫さもあり未だ破損も無く使えていますが、弱点は重さ…最初は全く気にならなかったのですが、今日はとっても重く感じてしまいました(年ですね…(笑))
家の周りは完了しましたので、午後からは植木を囲って完了となる予定です。
さて、昨日の地域局との情報交換会、大雄地域局では各集落単位で座談会を開催してくれていますので、そこで地域から出された様々な要望や意見に対しての情報の交換となりましたので、有意義な会と感じました。
ただ少し心配なのは、最近の市の考え方や方向性では「全市が一律同じであるべき」と感じられること、この考え方でいけば大雄の特徴的な集落座談会は開催しない!との事につながりかねませんので…各地域の良いところを無くしていく平準化では、本末転倒とも感じるのですが…

こんな感じで冬囲いをしています。
IMG_1460.jpg

秋空…

朝は真白な霧、それが晴れると晴天…典型的な秋空がここしばらく続いてます。
そしてこの時期は様々な行事が多くなっており、進まない通信(会報)の配布にヤキモキしています。
昨日も厚生委員会の協議会で横手病院へ…その後Y8サミットの予行演習、帰宅時は真暗となってしまいました。
このY8サミットは、横手市内の各中学校8校で構成されていましたが、今年度からは山内中が横手南中と統合となり7校体制となっていますが、その各校の取組みの発表とそれに対する質問をする中学生議会が16日に開催されますので、昨日はそれに対応した予行練習せしたので、議長と質問者7名での参加となりました。
あらかじめ質問の要旨は届出していましたが、馴れない雰囲気の中での会議ですので…変に緊張してしまいました。
今日は午後3時から地域局の方々との情報交換がありますので…それまでは通信の配布に行ってきたいと思います。

初飲み会…

先週の金曜、ホップ農協&実行委員会主催のキリン初飲み会が開催されました。
毎年この時期キリンプレミアムの出荷時期に開催されているこの会、今年も大盛況となっていました。
今年は天候が不順だった事もあり、収量・作柄が心配されていましたが、何とか目標の出荷量に到達したとの会長挨拶に…少しホッとしました。
ただ、生産者の皆さんの高齢化などもあり生産人口や面積の減少が課題となっている事は以前もお伝えした通り、ピーク時の3割程…このための対策も急務となっています。
そんな事もあり、毎年機会を見てはキリン社の方々とも情報交換させて頂いていますので、今年も少しこの部分に絞った提案をさせて頂きました。
内容については、もう少し関係者の皆さんのお話をお聞きしながら内容を煮詰め、市側にも提案していきたいと思っています。
*今年の夏のホップ畑の映像です

権限のありよう…

昨日の午後、秋田市で県の議長会の研修会が設定されていましたが、それに先駆けて午前は身体障害者福祉大会が開催されました。
これは厚生の委員会メンバーだけに招待がありますが、昨日は出発時間の関係もあり、市議会からは議長・高橋和樹委員長と私の3名だけの出席でしたが、議長は来賓紹介が終わって退席となりましたので…かなりさみしい状況でした(私は秋田は欠席でした)
そして、今日は先日の議会報告会の班での意見のとりまとめ&懇親会が予定されていますが…とりまとめには出席しますが、その後の懇親会は、残念ながら欠席、地元で開催のホップ農協の初飲み会に参加となりますが…この時期、様々なイベントや行事が重なっていますので…結構しんどいものがあります(ふぅ~)
さて、一昨日までの研修、厚木市議会と福島市議会では通年議会制がメインのテーマでありました。
これは平成24年に一部改正となった地方自治法の議会の招集権に拘わるもので、改正前までの議会の招集権を議会側にも認める内容で、これにより通年議会の開催などが可能となった事から、全国的に実施をする自治体が多くなってきています。
これを採用するメリットは、議会が様々な案件に対してフレキシブルに対応でき、議論の活性化が図れるとなどが期待できます。
ただ、その事により市長側の専決処分(議会を開催する暇が無かったとして決済する事)などの運用や議会の召集時期などが、議会側の対応次第で変ってくる事もあり得ますので…その辺りの調整がキーポイントになっていると言われています。
その事を踏まえ、通年議会制を採用済みの厚木市と福島市の2市議会での研修でした。
これまでも、様々な議会での取り組みを見た中で今後の横手市議会の向かっていく方向は…ほんの数年前までの横手市議会は全国でも議会改革が進んでいる方だったと思っていましたが、現状では相当遅れを取っている状況ですので…
勿論、改革度ランキングを上げるための議会改革は本末転倒であることもしっかりと認識をしつつも、まずは個々の問題に対して議論を高めることであり、問題に対する共通認識を持つことが求められていると…それによりしっかりとした説明責任が果たせると思います。そのための環境づくりのツールの一つが通年議会と感じていますので…そんな意味からも、早急に当局と協議を持ちながら通年議会開催に向けた動きを加速させるべきと思います。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク