HOME

横手市議会議員 寿松木孝が想いを伝えます。

歓喜の時…

今日が6月議会の最終日…どうにもしっくりこない部分を残しながらの閉会となりそうです。
そんな事もあってか、2つの委員会から付帯決議が提出される見込みとなっています。
賛否は解りませんが、議決されたとすればその付帯決議は、委員会のそして議会の意思として提出されるものですので、当局にはしっかりと受止めてほしいと思います。
さて、昨晩のサッカーワールドカップの日本対コロンビア戦、手に汗握る大熱戦の末2-1で日本が勝利しました。
多くの国民が固唾を飲んで見守り応援した末の勝利でしたので、日本中に大きな喜びをもたらしてくれたと感じます。
私も昨晩はTVの前に陣取り、試合終了までしっかりと応援し、ともにその勝利を喜びましたが、その試合を振り返って…今回の勝利はベンチワークの差と感じました。
直前の強化試合で復調をアピールしたとは言えケガで出遅れていた香川を先発で起用し先制点、手詰まり感の後半で本田を投入し、コーナーキックを大迫がヘッドで2点目…と西野采配がズバリでした。
これまで常に立ち続けてきた本田に変えての香川の先発、監督自身も大きな責任を背負っての起用であり、選手を納得させる信頼関係ができていたからこその香川起用だったと感じます。
本調子でないハメス・ロドリゲスを投入し、チームの勢いを無くしてしまったコロンビアとは対照的に感じられ…大会2か月前の監督交代での不安が払しょくされた瞬間でした。
この勢いを持ってグループステージを突破して欲しいと…がんばれ日本!

コミニュティーの原点…

昨日は議会運営委員会、地域協働推進研究会が開催されました。
議運は最終日の採決の方法や運営についてでしたが、大きな混乱も無く終了しましたが、各委員会での審査からは厳しい指摘や決議が出されている状況から、活発な審査だったように見受けられます。
また、地域協働推進研究会は、市内各所で立ち上がっている共助組織を支援している県南NPOセンターの方々との情報交換をさせていただきました。
これまでも多くの共助組織の皆さんや支援されているNPOの皆さんとは意見交換をする場があり、理解を深めてきましたが昨日の情報交換の中で大きな気づきの機会を与えていただきました。
これは、市が進める地区交流センター化の事業にかかわるものですが、現在の市が想定しているエリアとそこに住んでいる方々とでは大きなかい離があるため、この事業の進捗につながっていないのでは?と言う疑問です。
旧郡部においても、現在の地区会議のエリアはある意味行政が自らの仕事においてまとめ易いくくりでのエリアであり、実際のそこに住む方々の実態とかい離している事例もあり…それが旧横手市内ともなるとさらに複雑化され、また、新興住宅街も各所に出来ている状況にあり、その事も難解さを増している要因となっています。
行政が最初にエリアを決めるのでは無く、各町内会の意見集約をしそこから新たなまとまりとしてのエリアをつくっていけば、今以上の展開も望めるのでは?と感じた次第でした。
今後の新たな大きな課題と捉え、取組んでいきたいと思います。
*昨日の庁舎からの帰り、安全を確保しながらタイムトライアルをしてみました。地下駐車場から自宅までの約8キロ、信号待ちを入れトータル時間が18分53秒、走行時間が14分47秒、最高速度48.5キロでしたが…先日の70キロライドよりも足がパンパン、明日あたり筋肉痛が出そうです(涙)

集落行事の週末…

この週末…土曜日は、佐々木一義元消防団長の叙勲祝賀会に出席させていただきました。
佐々木団長とは、25年程前に小型ポンプ操法で私の所属チームが初めて全県大会に出場となった際に、様々なご相談をさせていただいてからのお付き合いでした。(佐々木元団長は指揮者として3度の全県出場の経験をお持ちでしたので…)
団長となられてからも様々な消防団の機構改革などにも取り組まれてきましたが、その根底にあったのはプレイヤー目線であり、実際の活動を通してに裏打ちされたもの、と感じていました。
受賞されました事に改めてお祝いを申し上げます。
そして日曜日、地元集落の運動会とお隣集落の運動会がダブルブッキング…地元集落の開会式で挨拶をし、すぐに隣集落の会場へ移動し挨拶とパン食い競争に参加させていただきました。
その後また地元集落に帰り閉会まで参加し、運動会終了後は各班に分れて反省会…私の班はゆとりおんで反省会をし、夕方までゆっくりと過ごさせていただきました。(地元集落は7班に分かれており、運動会は班別対抗でおこなわれています)
昨日の2つの集落の運動会とも天候に恵まれたおかげもあってか、多くの方々が参加しておりました。
近年、様々な要因の中で薄れゆく地域コミニュティーと感じる中で、ホッとする時間が過ごせました。
P.S 横手楽輪会市役所チーム合同強化練習が行われたとの情報に…少しでも遅れを取り戻したいと思い、今日はチャリ通勤です!

あ・足が…

昨日に続き…厚生委員会として付帯決議を全会一致で提出させて頂きました。
これは、西部斎場の霊柩車の廃止に伴い、過去の運用されていた経緯から斎場の改修・改築などの計画を早急に明示すべきとの内容…この問題が議案説明会での市長答弁で「早々に行う、霊柩車の廃止の説明に併せ、その方向性を明示する」としていたものが、本会議での答弁では「関係部署との調整をして方向性が定まるのが年内、説明は年度内で…」と答弁が後退していたように見えましたので、委員会としての意思を示したものと考えています。
高橋和樹委員長には、決議案提出に対し大変ご難儀をおかけしました(詳細は書きませんが様々な点で良い判断だったと…)
それにしても…市長も議会も同じ方向を向いているのに何でこんなにも動きが遅いのか!現状の横手市が抱えている問題の一端を表していると感じます。
さて、先日の事、佐藤誠洋議員から「孝ちゃん自転車乗ってる?年だから鍛えないとすぐ衰えるょ!」と…そして委員会の懇談会の席で知合いの職員に「最近ブログに自転車の記事書いてないけど乗ってます?」と聞かれ…40キロ程は何度か乗ってますよ~と、ただ本格ライドはしていませんでしたので一念発起、昨日の午後から少し本気で乗ってきました。
ルートはグリーンロードを攻めたかったのですが、熊出没情報がありましたので、大森前田~南外~神宮寺~大曲~自宅の約70㎞程のルート、休憩を入れ3時間弱で回ってきました(平均速度24、5㎞)
目論みでは神宮寺まではアップダウンを楽しみ、神宮寺からの帰りはアゲンストでもがく!との目標でしたが…南外の高速道路の高架橋?の上りでダンシング(立ちこぎ)中に右足のひざ裏が攣り撃沈!…その後のルートは騙し騙しで何とか家に辿りつきました。
これまで足が攣ったのは、真夏に厚木市まで行ったとき以来でショックを受けましたが…冷静に考えますと昨年の選挙での怪我で一月ほど補装具を付けていましたので、何となく納得した次第でした。
それにしても、久々の本格ライドで最もショックだったのは心拍数、平均で153、最大値は181でしたので…本格的に体を鍛え直す必要性を痛感しました。(サイクルコンピューターを変えたので、家から前田までが記録されていませんでした)
ライド1

委員会が終わりました…

昨日始まった各常任委員会・分科会、1日で決着した模様…しかし、各委員会とも難解な案件を抱えていたこともあり、厳しい意見も出されていたようでした。
各委員会の詳細については改めて検証したいと思いますが、私の所属する厚生の部分について取り上げたいと思います。
まずは、委員会開催前の協議会で…これは今年度から指定管理となった大和更生園・ユウホップハウスが例年行ってきた観桜会に市のバスを使用したことについてした。
この件は、過去の協議会で取り上げられましたが、その時点での説明では詳細が解らないとの事で持ち帰った案件、そして昨日の説明ではバスの使用が適正だったとの根拠を示すペーパーを配布しての説明でした。
しかし、同じ方が説明している事から、我々委員が受けた印象は「後付の言い訳」と感じた事も事実、違和感を感じる説明となりましたので、様々な厳しい意見が出されました。
私の意見としては…確かに、今回の件は指定管理して一月ほどの状況であり、昨年までも同じ形態で実施してきた事業でしたので同情の余地はありますが、指定管理した施設となっている状況からは一考するべき、と思います。
市民からは市所有バスが借りられない!との声がある中での今回の運行…今後のバスの使用基準にも影響する事が懸念されます。
そして委員会では、決議文が提出、これについては明日…
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご質問はこちらから

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク